phcについて

ホームページ作成の考え方

ホームページに関心のある方やホームページを持ちたいと思ったことがある方なら、
ホームページの作成を誰に依頼するかなどでお悩みの方は多いと思います。

「お金を掛けたくないので勉強してホームページビルダーなどで自分でつくる」と言う方や、
「知り合いのセミプロが安く作ってくれる」
などのお話をよく耳にします。
確かに個人経営のピアノ教室ということで、なるべく費用を掛けたくないということはわかりますが、
これは非常にもったいないことをしています。
というのも、上の例には続きがあり、それは、「ホームページを作ったけど生徒募集の効果がない」という言葉がセットになる場合が非常に多いことです。

では、なぜ効果がでないのか?なぜ、生徒が集まらないのか?
それは、ホームページのことを知らない方が作っているからです。
ホームページの作成には、デザインはもちろんですが、その他にもたくさんの知識や経験(この部分で大きく素人やセミプロとプロの差がでます)が必要です。
それなりに作って、生徒獲得ができるようといった簡単な話では決してありません。

ホームページが自己満足に終わらないためにも、費用が掛かってもホームページの製作はプロにおまかせいただくのが生徒獲得のためには重要です。

ホームページ製作業者の選び方

ホームページ制作会社はたくさんありますが、ピアノ教室のホームページを作成する場合、
実際どういった製作業者がよいのでしょうか?

  • 1.教室側の依頼を1から10まで丁寧に受けてくれる業者
  • 2.更新も料金を払えば、上手くやってもらえる業者
  • 3.キャンペーンや割引などの手法で応募を増やす提案してくれる業者
  • 4.既成のテンプレート(ひな形)があり格安でホームページを作製してくれる業者
  • 5.作製後は、一切費用が要らない業者

など一見よさそうに思いますが、果たしてそうでしょうか?

1.教室側の依頼を1から10まで丁寧に受けてくれる業者

よさそうに思いますが、全体の構成やバランス、内容の絞り込みなどプロの視点から当然やらなくてはいけない事を依頼者側に丸投げする形になるので、依頼者側でホームページに対する知識た経験がないと生徒募集に効果的なホームページがつくれない。(ホームページを作成する上で重要な部分を省いているので、業者側の手抜きとも考えられます)

2.更新も料金を払えば、上手くやってもらえる業者

ホームページを上手く運営してくれているようで、本当に大切な部分を省いています。依頼者自身で語らなければピアノ教室のホームページは成立しませんし、熱意は当然伝わりません。教室の雰囲気を十分伝えきれず、そつないホームページで終わってしまいます。

3.キャンペーンや割引などの手法で応募を増やす提案してくれる業者

大量生産の商品の売買と同じ手法だけでは、残念な結果に終わってしまう危険がります。

4.既成のテンプレート(ひな形)があり格安でホームページを作製してくれる業者

格安はそれなりのわけがあります。費用対効果で考えればかえってマイナスになるかもしれません。おなじパターンのホームページを見あきた閲覧者がすぐに帰ってしまう恐れもあります。

5.作製後は、一切費用が要らない業者

ランニングコストが掛からず、親切な業者に思えますが、実はホームページで一番大事な完成後の運用をしない不親切な業者です。ホームページ作製以後、費用が要らない(あるいは非常に安い場合)と言う事は、何もしない= 放置状態ということです。
今後のドメインやサーバーの更新手続きなどは依頼者がしなければなりませんし、ホームページの更新も基本的には、自己責任になります。
ホームページでは、作成後の運用も非常に重要です。完成したばかりのホームページは、赤ちゃんと同じで育てることで成長し、生徒募集に効果のあるホームページになります。

ピアノ教室のホームページ作成に最も適した製作会社とは?

やはりピアノ教室のホームページの特異性を知りぬきノウハウを持っており実績のある事、また必要な時には的確なアドバイスができてかつ、良心的な値段で作製してくれる業者と言う事になります。

そのような業者をどう見つければよいのかの一例をあげてみます。
※前提として、ホームページ製作実績が豊富にあり各種サポートが充実している事とします

■ はじめてホームペーを作成される場合

初めてホームページの検討をされている人は、作製料金も含め内容全体の疑問点を質問して下さい。
この疑問に真摯に対応してくれる業者は、実際に作製した後も希望が持てます。
お任せ下さいの一点張りは、ちょっと心配して下さい。
ピアノ教室も経営する講師の人柄、熱意が大切なように業者も担当者の人柄や会社の方針がちょっとした所に感じられますのでその点もアンテナを鋭くして観察してみて下さい。

■ ホームページのリニューアルを検討されている場合

現在ピアノ教室のホームページを持っておられて、思うような結果が得られない人は、これはと思う業者に今のホームページの診断を依頼して見て下さい。まず、診断に応じてもらえるかどうかで、業者の姿勢が伺えます。
次に診断内容を見て、気が付かないような大切な部分の指摘をおしみなくしてくれる業者は検討の余地があると思って下さい。後は、アナログ的な言い方ですが、依頼者自身と相性の合いそうな業者であればなお良いのではないでしょうか。

あるピアノ教室の成功例