ホームページ製作

ホームページを成功させる方法

ホームページはあくまでも道具です

ホームページを持てばどんな教室でも自然と生徒が増えると錯覚されている方がいます。確かにホームページを持っていないより、持っている方が生徒募集の効果はありますが、ただ持っているだけでは十分とはいえません。
ホームページは優秀な道具とお考え下さい。うまく使いこなすことでより良い効果を発揮します。
たくさんのピアノ教室のホームページの中から見つけやすくすることや、使いやすいホームページの仕組みを作る事は、作成側(PHC)の仕事ですが、見て頂いたホームページから受ける印象や、無料体験レッスンの内容などはピアノ教室側の熱意と努力が無ければなりません。もっと言うと、本当に素晴らしいピアノ教室になる為のたえまない努力と熱意が前提条件として必要になります。

ピアノ教室における熱意、努力、育てるとは

ホームページには”熱意”と”伝えたいと言う努力”が不可欠です。この2つの要素が、ホームページの機能と相互作用して良い結果が生まれ、益々内容も充実しいくものです。
「ホームページは人柄を現わします。自然と先生の人間性が感じられるように自分の言葉で丁寧に書いて下さい。そつのない上手い言葉だけでは共感は得られません。心のこもった伝えたいと言う熱意のある本人の言葉が大切です。」とアドバイスしています。その様にして、作り込まれていく事をホームページを育てると言います。

ローマは一日にして成らず

ホームページを維持(育てる)するにはどの程度のスキル(技術)が必要なのでしょうか。
最低限必要なのはパソコンでメールを書く事が出来る程度。あるいは、ワープロで文章が書ける程度必要です。
何の知識や技術も必要無いと言うと嘘になります。なぜなら自分の書きたい事や主張したい事まで業者任せになれば熱意が伝わりません。自分で更新できるシステムのホームページでなければ意味が無いからです。まるで知らない世界に迷い込むわけですから、最初はぎこちないかもしれないし失敗するかもしれません。でも、その挑戦を避けては前には進めません。丁度、ピアノのレッスンのように日々の地道な努力が必要です。そして、ある時ぱっと目の前の視界が晴れてなんでもない事のようになる日がきます。
一歩前に出る事から全てが変わります。勇気を持ちましょう。

PHCのおすすめポイント